イベント物流とは

こんにちは。

イベント物流のサイトを、ご覧いただき誠にありがとうございます。

 

「イベント物流とは、どういう物流対応が可能なのか?」を知りたくて、この”イベント物流”ページを、閲覧されているかと思います。

 

ところで、ご覧になられている、あなたの業種は、

  • 広告代理店にお勤めの方
  • 企業の広報部などにお勤めの方
  • 企画会社にお勤めの方
  • メーカーさんにお勤めの方
  • 物流会社にお勤めの方
  • プロダクションにお勤めの方

などでしょうか?

 

大丈夫です。

弊社(日本物流開発鞄y浦営業所)は、どんな業種においても物流の代行が可能なんです。

 

たとえば、イベント物流においては、

 

商品のPRイベント活動のために全国の店舗のイベント会場に、商品や備品、機材を送り、回収及び管理をしてほしい。

 

これから販売する新商品の什器を組み立てて、店舗へ発送してほしい。

 

スタッフの研修会場にて、研修を行います。しかし、研修会場が借り物の研修場所なので、その会場まで、備品や資料を送っていただき、研修終了後に回収をして、管理してほしい。

 

細かい加工(セット作業、シール貼り、袋入れなど)も同時に依頼したい。

 

アーティストのコンサート時の販売グッズを保管。そして、開催日にあわせた納品、回収をしてほしい。

 

キャンペーン時の簡易的な事務局から、紙ベースの注文書などをデータ化して、発送などを行ってほしい。

 

など、その他多数ありますが、このような対応が可能です。

 

また、梱包時の資材の手配やチャーター便の手配など、幅広く対応が可能です。

 

現在は、大手日用消費材メーカー様などの、PRイベントのイベント物流のお手伝いをさせていただいております。

 

 

大手日用消費材メーカーさんのイベント物流って、具体的にどのように対応しているの?


 

業務の流れ

 

 

業務の流れは、日用消費材メーカー様が、販売促進代理店様に、PRイベントや店舗の販売促進イベントなどの企画を打ち合わせて企画が進みます。

なので、弊社は、販売促進代理店様から選ばれて、イベント物流のお手伝いをさせていただいております。

日々の発送のやり取りは、販売促進代理店の担当者様となっています。

 

業務の内容

 

 

  • 受注処理 ・・・ 受注データは、ほぼクライアント様からいただいたものを利用しております。クライアント様が楽ですし、弊社の強みのひとつでもあるシステム構築を社内にて構築スタッフが常駐していて、都度、システム構築するか、しないかの判断を現場のスタッフが行います。システム構築をしない受注処理にて不具合が起きそうですが、弊社は業種を問わずに物流代行を一貫して対応させていただいた経験から、スタッフ教育の軸足が、常に、業務の変化に対応できるようになっているので、問題がありません。
  • 入庫処理 ・・・ ヤマト運輸、佐川急便、日本通運など、様々な業者様から毎日入荷があります。トラックによる大量入荷やコンテナによる入荷も日々対応しております。また同業者様ともネットワークを広げていますので、時期により弊社内で対応できない場合は、ネットワークを活用して、対応できるようにさせていただいてます。
  • 梱包 ・・・ PRイベントの内容により、様々なものがあります。
  • 資材の手配 ・・・ 梱包用のダンボールの手配。イベントにて使用する備品の手配。
  • 発送運送会社 ・・・ この日用消費材メーカーさまの発送は、メインがヤマト運輸です。
  • 回収 ・・・ PRイベント終了後に、倉庫に回収をかけます。発送がヤマト運輸ですので、全国のイベント会場の最寄のヤマト運輸様に弊社にて回収依頼をかけています。イベント開催時に送る荷物の中に、回収時に必要な、ガムテープや着払いの送り状を作成して、同梱して発送しています。
  • 回収物検品 ・・・ イベント終了後に回収されたものの検品を行います。機材の故障の有無、返却物の有無、未回収店舗の有無など。毎週日祭日にてイベント開催が多く、日祭日の翌々日には、大型トラックいっぱいの回収物の戻りがあります。
  • たな卸し ・・・ 毎月定期的に在庫のたな卸しを行います。クライアント様の決算時には、クライアント様も立ち会います。

クライアント様にとってのメリット

 

 

弊社のイベント物流におけるクライアント様のメリットは、下記のようなことだと思います。 運送会社様に近い立地による配送のメリット ヤマト運輸茨城主管支店、佐川急便土浦営業所、西濃運輸様などが、ほぼ5〜10分以内の立地です。これにより、集荷時間が遅く、またイベント終了後に回収された返却物が倉庫に届くのが早いのが良いみたいです。


大抵のことは対応できるメリット 弊社は創業時以来、業種を問わずに物流の業務の経験値が多岐にわたるので、安心していただいてるようです。

 

スタッフの流動性の活用により、業務の増減に素早く対応できるのは、任せて安心みたいです。弊社土浦営業所は、3つの倉庫がありますが、車で3〜5分の立地なので、固定スタッフの行き来が頻繁に行われます。

 

※大手日用消費材メーカー様のひとつの例として、ご説明させていただきました。



              → 業種を問わない物流対応って?日本物流開発鞄y浦営業所総合サイトはこちら

              → イベント物流について問い合わせてみるはこちら

              → イベント物流の他の実績をしりたい方はこちら